テレクラのシステム

昔は流行っていたテレクラですが、今の時代は、聞いたことはあっても、そのシステムについてはあまり良く知らないという人が多いのではないでしょうか。

テレクラとは電話を使い、女性と男性が出会えるようにと斡旋してくれるものです。
正式にはテレフォンクラブといい、それを略してテレクラと呼ばれるようになりました。
基本的には、男性側が、女性から電話がくるのを待つという形になるので、店舗型の場合は、自分が待機している間に電話がかかってくれば、その女性と話すことになります。
もちろん相手の事が気に入らなければ切っても構いません。

無店舗型の場合は、着信を転送してもらう時間を設定し、その時間内にかかってくる女性と話をすることになります。
テレクラなどを利用したことがない人は、いきなり知らない女性と話すのには抵抗があるかもしれませんが、慣れてしまえばこれがまた楽しく感じてくるもので、女性との距離がぐっと縮まるような気がして、テレクラにのめり込んでしまう男性もいます。

テレクラは、普通に出会いを求めて利用している女性は少なく、ほとんどの場合が援助交際や逆援、セフレを探している人ばかりです。
ですから、すぐに会いたいと思っている男性には向いていますが、普通の女性と知り合いたいと思っている男性には向いていないかもしれません。
普通の女性と出会いたいと思うのであれば、出会い系サイトを利用した方が良いでしょう。
それか、ライブチャットなどで、普通の女性と会話を楽しむのも良いかもしれません。

今では店舗型のテレクラはほとんどなくなってしまいましたが、無店舗型のテレクラは、まだまだたくさんあります。
ですから、興味がある人は、インターネットなどで検索してみてはどうでしょうか。

もちろんテレクラを利用する時にもマナーがあります。
そのマナーを守れなければ、すぐに相手の女性に電話を切られてしまうかもしれません。
ですから、きっちりとマナーを守り、テレクラを利用するようにしましょう。

基本的なマナーは、女性に対して暴言を吐かないことです。
もしかしたら、女性の方が何かこちらをイラ立たせることを言ってくるかもしれませんが、そういった時は相手の女性に文句は言わず、電話を切ってしまえば良いのです。
確かに後味は悪いかもしれませんが、女性が男性に吐く暴言と、男性が女性に吐く暴言とは全く異なりますから、そういった事は言わないように気をつけましょう。
しっかりとマナーを守り、テレクラを楽しむことを心がけましょう。